ダイエット中でもお酒と上手に付き合う方法とは?

お酒が太る大きな原因ではなく、適量を飲む程度であれば太ることはありません。何よりアルコール好きな人が、ダイエットだからといって全くアルコールを我慢するのは至難の業といえます。

プリン体を多く含むアルコールは、ビールや紹興酒です。アルコールなどでプリン体を過剰摂取をすることで血清尿酸値が上昇をしますが、痛風発症リスクや高尿酸血症のリスクまで上がります。

肥満の原因にもなる糖質を多く含むお酒は、梅酒やスイートワインにビールです。反対に糖質が低い種類としては、焼酎にウイスキー、ブランデーなどがあります。

ダイエットへの影響を最小限にするためにも、お酒は選び方次第です。減量期間中に飲むのであれば、糖質の少ない種類を選ぶようにします。蒸留酒はほとんど糖質を含まず、低カロリーな種類が多いため、ウイスキーもぴったりです。

カクテルや梅酒などは甘くて口当たりがよいですが、砂糖シロップや濃厚な甘味の果汁を含むためカロリーが高くなります。基本的に甘いカクテルは避けたほうが無難ですが、モヒートやジントニックなど、比較的低カロリーな種類なら、適量を守り飲んでも大丈夫です。

ワインを飲むのであれば甘口よりも辛口を選ぶこと、貴腐ワインは糖が多く含まれています。辛口ワインよりも甘口ワインの残糖は思いのほか多く、辛口の10倍もの糖を含みますので、甘口は避けることです。

他のアルコールより多い糖質含有量の日本酒ですが、アミノ酸など健康やダイエットにも良い栄養も多く含まれます。含まれる糖だけを考えると太りやすいですが、日本酒は熱燗にして飲むことで脂肪燃焼効果を得られやすいです。

醸造酒のビールはアルコールだけではなく、たんぱく質や糖質も多いので、蒸留酒と比較すると太りやすいタイプです。食欲増進効果があるのもビールであり、苦みや炭酸のホップの成分が、食べたい気持ちを促進させます。太りやすい要素を持つお酒ですが、ビールを飲むならグラスに1杯までにしておくことです。

お供のおつまみの栄養を考えることも必要であり、ビタミンやミネラル、たんぱく質を豊富に含む食べものを選びます。野菜類や冷ややっこなどの植物性たんぱく質などはピッタリです。

食べ物として炭水化物はおつまみには選ばないようにして、油とお肉のコラボレーションしたメニューも避けるようにします。無いよりも大切なのは過剰に飲みすぎないこと、アルコールが体内に巡り、正しい判断能力が低下をするためです。