ダイエット中でも食べて良いおやつとは?

1日に3回の食事だけではなく、ダイエット中でもおやつは食べたいですし、食べてOKな食べ物は色々あります。コンビニは現代人にとってなくてはならない存在ですが、ローソンには低糖質食品が市販されているので、ダイエットをする際にも味方です。

ローソンのブランで作られた低糖質商品などは、まさにダイエット中のおやつとして重宝をします。減量期間中にパンは食べられないということはなく、パンやドーナツもブランを使っているので安心です。

お菓子が大好きな人にも、あたりめはおやつに向いています。低カロリーで高たんぱくなあたりめは、コンビニの小1袋20gを食べても63kcalです。低糖質であり噛み応えもあり、自然に咀嚼をする海風が多くなるので、食べると満腹感を感じやすくなります。味は噛むほどにじみ出てきますから、少量を時間をかけて味わうことで、満足感はよりアップです。

たんぱく質を豊富に含みますので、代謝を上げるためにもなります。脳内のヒスタミンが満腹中枢をしっかりと刺激しやすいのは、あたりめには硬さがあり、よく噛むことが出来るためです。乾物ですからよく噛んで食べて、適度な水分補給をすることでお腹で膨らみます。ビタミンB6やビタミンB12、ナイアシンやビタミンEなど、あたりめには栄養も豊富です。

ゆで卵もダイエット中のおやつに最適であり、1個60gを食べても90kcalのエネルギー量になります。意外とヘルシーな食べ物のゆで卵には、食物繊維とビタミンC以外の栄養が全部含まれるので、完全栄養食品です。

毛髪や皮膚に筋肉をつくる基礎になるのはたんぱく質であり、痩せやすい身体づくりに必要な基礎代謝を上げることにつながります。空腹で起こる血糖値の上昇も、ゆで卵をおやつに食べることで抑えることが可能です。1日当たりの摂取量としては、1個から2個なので、栄養価は豊富ですが食べ過ぎないようにします。

間食をするのはダイエットの大敵として、全く間食をしないのはストレスになるばかりです。お腹がすいた時にはナッツもおやつに適しており、少量食べても髪応えがあるため満足感を感じられます。カシューナッツやピスタチオ、落花生は糖質が多いです。

クルミやアーモンドは糖質が低いので、ダイエットの間食に向いています。ビタミンEにはアンチエイジング効果がありますし、ナッツに含まれる不飽和脂肪酸は代謝を高める働きがあるので、ダイエットにもピッタリです。