ダイエット医薬品の大本命「ゼニカル」とは?

運動している男性

世界的に使われている肥満治療薬のゼニカルは、服用をすることで食事の脂分を最大30%します。胃腸の中脂肪分解酵素リパーゼの働きを、有効成分のオーリスタットが阻害するためです。本来であれば食べた脂肪分はリパーゼにより、細かく分解をされて全て吸収をされますが、ゼニカルの成分がそれを許しません。

脂肪分解をする際のリパーゼの働きを強力に妨げることで、最大30%の脂肪吸収をカットします。すでに体に蓄積をした分ではなく、あくまでも効果があるのはこれから入ってくる脂分に対してです。消化が済んでいるものに対しては効果が無いものの、食事をしている時に飲めばオーリスタットの成分が活躍をしてくれます。

ダイエットを始めると厳しい食事制限を設けがちであり、食べられないストレスで悩むこともしばしばです。サッパリしたメニューはヘルシーですが、味付けが濃くて油を使う料理が好きな人にはストレスに感じることもあります。好きな脂っぽい献立を食べながら痩せたりすることが出来るのもゼニカルなので、ストレスを感じるような辛い食事制限を必要としません。

有効成分オーリスタットが底力を発揮するのは、脂質の高い食べ物たちです。ベーコンに豚肉や牛肉などの肉類も、生クリームやチーズなどの乳性品も食べて構いません。サラダにはマヨネーズを使ってもよく、ファーストフード店でフライドポテトを口にしても問題はないです。一般的にダイエットの時には控えるべき油を使う料理は、ゼニカルなら全部食べることができます。

ゼニカルの飲み方は1回の食事でカプセルを水と一緒に1錠飲むだけであり、1日に3回まで飲んで構いません。上限は3回までですが、服用の間隔も守る必要があります。食事をしている間に飲んだり、食後に服用をすることで効果を発揮しますが、短時間での飲み方はNGです。

有効成分を十分に発揮できるように1回飲んだら、それから2時間以上はあけるようにします。医薬品なのでサプリメントよりもあらゆる効果が大きく、その分だけ副作用を感じることもあるので注意です。便と油分が出たりビタミン不足になるなど、継続的に飲むことで副作用が出ることがあります。

ゼニカルに限ったことではなく、医薬品には副作用が少なからずセットです。飲む量を調整したり、不足分のビタミンをサプリで補給するなど、キチンと対処をすれば問題はありません。食べたいものを食べながら、順調に体重の減少が期待できるのが、世界も認める優れた肥満治療薬のゼニカルです。

ゼニカルは世界中で使われている治療薬ですので、利用者の評判などを簡単に調べることができます。気になる人はゼニカルの評判や口コミを確認して使用感を事前に調べておきましょう。