医薬品「オベリット」を使ってダイエットをするという選択肢

食べている男性

好きなものを食べながらダイエットをするなら、医薬品のオベリットを使うこともできます。世界的に有名な肥満治療薬、ゼニカルのジェネリック医薬品であり、後発品なので先発品より安価です。先発医薬品と同じオーリスタットを有効成分としていますが、配合は通常の半分ほどになります。それだけ作用も控えめではあるものの、その分だけ副作用も控えめなのも安心です。

120mg配合のゼニカルや他の同じ効能をもるジェネリック医薬品と比べると、配合量は60mgと半分なので、効き目は穏やかになります。配合量が少なめに設定をされているので、それだけ薬効も控えめであり、初めて肥満治療薬を使う人にもピッタリです。

オベリットの飲み方は1日に3回の食事で飲むことが出来るので、水や白湯と一緒に飲むようにします。食事をしている最中か、あるいは食後のタイミングで飲むことです。含まれる有効成分が少ないため、1回の服用で1錠から2錠まで飲むことができます。飲み方として1回服用をしたら、次は2時間以上あけることです。毎回の効能を十分に発揮できるよう、服用間隔と1回の用量を守るようにします。

継続して取り組む方がダイエットは成功をしやすく、リバウンドもしにくいです。効率的に我慢しないで痩せるために、肥満治療薬は助けになります。費用面でネックにならないのもオベリットであり、ゼニカルよりも価格が安価なので継続的に使いやすいです。

医薬品ですから副作用もあり、有効成分のオーリスタットの働きで、胃腸に関わることで起こります。便に油分が含まれることはよくありますが、効き目が出ている証拠ともいえるので、あまり心配はありません。排泄時にガスが出やすくなり、服用をしてない時よりもおならは増えます。お腹の中で働きかけているので、軟便になったり下痢になることもありますが、いずれも服用をやめると止まることです。

少ない量の有効成分ということが分かっているので、ゼニカルと同じレベルの効能を求める時には、1回に同様の2錠を飲みます。先発品とは異なり最初からオーリスタット成分は半分だけの配合なので、過剰摂取となる心配もありません。

初めて飲む人の場合は最初から2錠にするのではなく、1食あたりで1つだけ飲んで様子を見ることです。油分がカットされて出ていくため、脂溶性ビタミン不足になることがあります。健康にも必要なビタミンですから、マルチビタミンなど、健康食品のサプリメントで補うと手軽な摂取ができます。